外国人の出入国・経由・居住法の改正・補足法へ期待大

column 1

みなさま、こんにちは。

ベトナム進出サポーターズを運営しています(株)MEIKEI 代表取締役の谷口です。 

本ページは、私が日々感じるベトナムに関連するコラムを執筆する専用のブログページです。

いつもご覧頂いてありがとうございます。

外国人の出入国・経由・居住法の一部を改正・補足する法律って?

今日は2020年5月7日(木)、GW連休明けの初日です。
 
実は約2ヶ月後の7月1日からある法律が施行されようとしているですが、   
これがまた多くの日本人(外国人)が助かる「期待大」な法律なんです。

昨年(2019年11月)に公布された法律: 番号 51 /2019 / QH14 で、
法令名:  QUY ĐỊNH VỀ ĐIỀU KIỆN KINH DOANH DỊCH VỤ ĐÁNH GIÁ SỰ PHÙ HỢP

直訳いたしますと、

「ベトナムにおける外国人の出国と入国・経由・居住法の一部を改正・補足する法律」 です。

こちらの改正法は、2014年6月に公布(2015年1月1日から施行)された現法 47/2014/QH13: 「ベトナムにおける外国人の出国と入国・経由・居住法」の一部を改正・カバーするためのものなのですが、 

日本人(外国人)に大いに関連する変更箇所を述べますと、次の2点が挙げられます。

① ビザ無し入国後の30日ルールの廃止  
② ビザ切替時の出国ルールの廃止

要約を書くだけでも、施行が待ち遠しくなる嬉しい内容ですね。 

① ビザ無し入国後の30日ルールの廃止

ビザ無し入国後の30日ルールとは、現法47/2014/QH13のもと、2015年から定められており、

「外国人がベトナムのビザ免除措置を利用した上で、(出国後)ベトナムに再入国する場合、前回の出国日から再入国日までの期間を、30日以上空けなければいけなければいけない」という規定です。

*ビザ免除措置とは、日本人のパスポートでいうと有効期限6ヶ月以内のパスポート保有、且つ現地滞在15日以内であれば(入国時に出国する際の復路航空券を提示すれば)ビザ無しで入国・滞在できるという優遇のことです。 

空港のチェックインカウンターで受付スタッフの方が、「過去30日以内にベトナムへ渡航していませんか?」と聞かれたことがある方も多いかと思いますが、これは、この30日ルールに基づくヒヤリングですね、日本を出る前に気づかないと現地到着しても入国できませんから。

無論、ビザ無し滞在から帰国後に、東京のベトナム大使館か大阪のベトナム領事館(または海外の同様の外務省機関)でビザを取得すれば、この30日ルールをクリアしていない(出国から30日が経っていない渡航でも)ベトナムへ再入国することは可能です。 

2015年以前はこの30日ルールはなく、自由に入国できていたので、現法公布以降、短期出張などで現地に頻繁に渡航する方、旅行などでベトナムを経由して第三国へ渡航する方などが、ザワついたのを今でも覚えています。

それがやっと今回廃止になるんです。

私も昨年、この新法(51 /2019 / QH14)が公布された際に、現法の原文を読んでみたところ、 


” 第 20 条 入国条件 ”

次の条件を満たす外国人は、ベトナムへ入国することができる。

1. パスポートあるいは国際通行許可書およびビザを所有していること。 一方ビザ免除国の国民によるベトナム入国外国人は、出国日よりパスポート有 効期限が6ヶ月以上残存していること。また、前回ベトナム出国日から 30 日以上の 期間が経過していること。

2. 本法第21条に定める入国禁止対象リストに該当しないこと。


と、現法(47/2014/QH13)でははっきり書かれていた上述の一項の中の赤字の一文が、新法では綺麗さっぱり削除されていました。

7月1日以降、空港のチェックインカウンターで、「ベトナムに30日以内に渡航していませんか?」と聞かれなくなるのは少し違和感ありますが、自由に行き来できるのは嬉しきことですね。

② ビザ切替時の出国ルールの廃止

2つ目の大きな変更点として、ビザ切替時の出国ルールも廃止されます。

これは例えば、ベトナムで就労する日本人(駐在員や現地採用人材)が、3ヶ月のマルチ観光ビザで入国する場合。

現地法人で勤務を開始しながら、その3ヶ月という期間の中で労働許可証を取得、次にレジデンスカート(一時滞在許可証)を申請するのですが、レジデンスカード 申請時点で、観光ビザのまま滞在していると、渡航目的を切替えるため、一旦出国を行い、商用ビザへ切替える(正式に現地法人から招聘を受けて入国する)というSTEPを踏まなければなりませんでした。

人によっては日本へ戻ったり、中国やカンボジアへ渡航した上で戻る方もいましたが、今回そのルールも廃止となります。

この廃止については、新法 : 51 /2019 / QH14、第7条 項目4の(a)〜(d) の中で明記されていますが、あくまで確実に現地で就労をする予定(労働許可証を取得した、また取得する予定)の外国人が対象となりますので、ご留意ください (項目4の d)

私自身、現法47/2014/QH13が施行される2015年よりも前からベトナムで就労していましたので、これら二つのルールが課せられる切替の瞬間も現地に滞在しておりました。

その後、2016年に現地転職した際には、ビザ切替のルールを実践する機会があり、現法に従ってきちんと出国していましたが、切替のためだけの出国ですぐ戻ったので、とても疲れた上にコストも掛かったのを覚えています。

これからはこれらのルールが廃止されるので、2015年以前のように、外国人もベトナムに行き易くなっていいなあと、この朗報に胸を踊らせている今日この頃です。

2020年 5月7日(木曜日)
 
ベトナム進出サポーターズ 
(株)MEIEKI  谷口

column 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です