ベトナム進出コンサルタントの4つの探し方

Scenery9

ベトナム進出を支援するコンサルタントは
どのように探せば良いでしょうか?

ベトナムへ進出する際、進出先や進出形態についてアドバイスを受けたり、現地での法人登記手続きを委託したりと、専門のコンサルタントを通じて進出する企業様がほとんどだと思います。

本ページでは、「どのようにしてベトナム進出コンサルタントを探せば良いか?」をテーマに、コンサルタントの探し方について詳しくお話させて頂きます。

ベトナム進出コンサルタントは、日本のみに拠点がある会社、またはベトナムのみに拠点がある会社、そして日本とベトナムの両方に拠点を持つ会社があります。コンサルティングサービスを専門に行っているコンサルタントもあれば、税理士事務所・弁護士事務所などが「海外進出コンサルティングサービス」も提供していることもあり、後者にコンサル業務を委託した場合、進出後も月額契約を行い、税務顧問や法律顧問として、顧客と付き合っていくパターンが多いです。

さて、そのような進出コンサルタントですが、大手から中小企業まで全国各地に数多く存在していますが、どのように探していけば良いのでしょうか?

最近では、海外進出コンサルティングサービスを提供するコンサルタント情報を集約したポータルサイトなどもありますが、多くは以下の方法でコンサルタントと知り合い、繋がりを持つのが一般的ではないでしょうか。

①  所属する商工会議所の海外進出相談窓口(国際部など)へ相談する
②  会社が所在する地域のジェトロ事務所(日本貿易振興機構)へ相談する
③  各自治体にある支援団体へ相談する
④  その他の支援団体へ相談する

Scenery7

① 商工会議所へ相談する

商工会議所は、多くの企業様が加入している、歴史、そして知名度もある公益経済団体ですね。東京、大阪、名古屋などの大都市にある商工会議所では、会員企業の海外進出をサポートするために国際アドバイザーを設けており、海外進出支援を行うコンサルティング会社などが登録をしております。普段から企業様と付き合いのある商工会議所ですから相談もし易く、希望の海外進出先や現地事業に合った経験豊富なコンサルタントを紹介してもらえます。


 - 当社も 以下の3つの商工会議所にて、海外進出アドバイザーとして登録中です -

・大阪商工会議所(国際ビジネスサポーター)
・京都商工会議所(アジアビジネスアドバイザー)
・名古屋商工会議所(海外展開アドバイザー)

商工会議所を通して頂いても構いませんし、直接お問い合わせ頂いても大丈夫です。
いつでもお気軽にご相談下さい。

② ジェトロへ相談する

次に、こちらもベトナム進出コンサルタントを探す手段として、多くの企業が利用されていると思います。海外進出、海外貿易といえば、ジェトロ(日本貿易振興機構)ですね。ジェトロも、専門の海外アドバイザーを抱えています。ここ数年は、「新輸出大国コンソーシアム」という支援サービスが盛んで、政府系機関、金融機関、コンサルタントなどの支援ネットワークの中で、進出内容に合ったサポートを受けることができます。

③ 各自治体の支援団体へ相談する

ベトナム進出コンサルタントを探す3つめの手段として、海外進出支援団体への相談です。企業様が所在する地域、またはそのお近くに大きな商工会議所やジェトロ事務所が無い場合、自治体の支援団体を利用されている企業様もあります。これは、主に、県・府単位で存在する団体で、自治体の管轄の中で、県内・府内の海外進出希望企業を支援する「公益社団法人」です。多くの自治体に存在していますので、地域に密着した団体からの支援をご希望の方は、まずはこれらの団体へご相談されるのも良いかもしれません。


- 当社も岡山県と島根県の産業振興財団にて、海外進出の専門家として登録中です -

・岡山県産業振興財団(専門家)
・しまね産業振興財団(専門家)

④ その他の支援団体へ相談する

ベトナム進出コンサルタントを探す4つめの手段として、上記①〜③以外の団体へ相談します。独立行政法人/一般社団法人/NPO法人などの特殊法人であり、中小機構、国際社会貢献センター(ABIC)、などの団体がこれにあたります。特に中小機構は、全国規模で活動しており、海外支援情報などをまとめたポータルサイトも運営されているので、利用する企業様は多いのではないでしょうか。

Scenery10

以上、「ベトナム進出コンサルタントの4つの探し方」でした。

これらの方法以外では、既にベトナムに進出している企業から紹介してもらうパターンもあります。特に、得意先(大手メーカー)が既にベトナムに投資しており、そのパーツメーカーである企業様が現地調達を目的(サプライーチェーンの一環)として、大手メーカーと一緒に進出する場合は、その得意先にコンサルタントを紹介してもらうのが早いですね。実際に自社でコンサルを探さずに、既に進出している得意先と同じコンサルタントへ進出を手伝ってもらう企業様も多いようです。

他には、融資を受ける地域の銀行などからコンサルタントを紹介してもらうパターンもありますが、これは決して多くありません。

コンサルタントを利用せずにベトナムへ進出する企業様は少なく、やはり多くの企業様が現地事情に精通したコンサルタントを利用しています。コンサルタントによっても得手不得手があり、担当窓口との相性などによって、スムーズに進出できるかどうかにも関わって来ますので、コンサルタントの強みや担当者の実績などもよく考慮された上で決められた方が良いでしょう。

またベトナム進出サポーターズでは、皆様のベトナム進出をご支援すべく、市場調査・現地視察から、F/S支援、現地法人設立、現地事業のスタートアップ支援、そして現地法人の運営、営業支援まで、企業様に寄り添ったサポートを展開致しております。

当社は、現地の会社を設立することはもちろんのこと、事業開始後のベトナム法人経営支援、営業支援を最も得意とし、お客様の現地事業の成功を見据えながら最善のご提案をさせて頂いております。

当社のサービスについて、ご質問など随時お受けしていますので、いつでもお問い合わせ下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です